Skip navigation.
ホーム

中西佑二 代表理事が「都政新報」の『ひと』欄に登場!!

 2018年10月9日付「都政新報」の『ひと』欄で,当会の中西佑二代表理事が今一番注目を集めているホットな人物として紹介されました。  

 『都政新報』(週2回火・金曜日発行)は、都議会を含めた都・区・市町村に関する最新情報を提供している、東京における唯一の自治体専門紙です。読者層は、都・区・市町村職員、労働組合、各級議員、外郭団体役員・職員のほか、都区市町村関係の各種業界や市民団体、大学・研究機関等幅広く、その情報発信力と都・区政への影響力は絶大なものがあります。  
 記事には、モンゴルへ日本式高専教育を導入するために、これまで大奮闘してきたこと、そして来年にはモンゴル高専の初めての卒業生が生まれること、更に、その学生達に対し本年7月~9月にかけ品川区の事業として区内の企業へのインターンシップの受け入れに尽力したこと等、中西代表のこれまでの活躍ぶりが記されています。この記事を通して、首都一円に、私供の活動が認知され、それに対する理解・支援の輪が広がって行くことを期待したいと思います。  

*2018年10月9日付「都政新報」記事『ひと』欄

以上